コルチゾール検査

ストレス、うつ病などで高値を示すホルモンです。

副腎皮質から分泌されるホルモンで、糖質コルチコイドの一種です。糖代謝をはじめ、タンパク代謝、脂質代謝、電解質の代謝、骨代謝、さらに免疫機構にも関与しており、生命維持に不可欠なホルモンです。炎症を抑制する作用もあります。ストレスに関与し、過度なストレスを受けると分泌量が増加しますが、その反応はとても敏感です。ストレスホルモンとも呼ばれています。

コンチゾールの検査は、副腎皮質や下垂体、視床下部の異常が疑われる場合や糖尿病・肥満の原因を調べるために行われます。

 

異常な場合に疑われる病気

・高値…クッシング症候群、ストレス、うつ病、神経性食欲不振症など

・低値…アジソン病、先天性副腎皮質過形成、ACTH不応症、下垂体性副腎皮質機能

低下症、副腎皮質ホルモン薬の服用等

 

わずかな採血量で簡単に調べることが出来ます。

トップへ戻る