アポリポ蛋白E多型解析検査

最近の研究では、アルツハイマー病は生活習慣病の一つと言われるほど、栄養、運動、体養などが発症に大きく関与していることが分かっており、これらを見直すことによって予防、発症を遅らせることが医学的にも証明されています。

アルツハイマー病の代表的な症状に「記憶力の低下」がありますが、周りの方が「おかしいな」と気づいて診察を受ける段階では、すでに症状が進んでいることがあります。また、ご自身ではこうした症状に気づかない場合もあります。発症の早期である時点で気付き予防・治療を開始することで、改善の可能性があります。

わずかな採血量で簡単に調べることが出来ます。

トップへ戻る