ABC検査 (胃がんリスク検査)

ご存知ですか? 採血で出来る簡便なABC検査

 胃がんの原因のほとんどがピロリ菌感染であることがわかっています。またピロリ菌感染の期間が長いと胃がんになりやすい萎縮性胃炎になります。そこでピロリ菌感染の有無を調べる検査(血液中のピロリ抗体を測定)と萎縮性胃炎の有無を調べる検査(血液中のペプシノゲンを測定)を組み合わせて胃がんになりやすいか否かのリスク(危険度)分類をする検診が胃がんリスク(ABC)検診です。バリウム検査や胃内視鏡検査のような、直接胃がんを見つける検診ではありません。ABC検診を受けて精密検査を受ける必要があるかどうかを判断してみてはいかがでしょうか。

わずかな採血量で簡単に調べることが出来ます。

検査料金 5,000円

トップへ戻る